|

Noxセンサー機能

自動車用NOxセンサーは主にアンペロメトリータイプで、隣接するチャンバーに2つまたは3つの電気化学セルがあります。最初のセルは電気化学的にサンプルからO2を排出するため、2番目のセルのNOx測定に干渉しません。いくつかのサプライヤーから入手可能な市販のセンサーは、NOx吸着剤とSCR後処理の制御に使用されます。 NH 3センサーは、SCRシステムで使用するためにも開発されました。NOxセンサーの用途排気ガスNOxセンサーの開発は1990年代に始まりました。商用センサーは、2000年代初頭に、NOx吸着剤を備えた希薄燃焼層状給気ガソリン乗用車に最初に導入され、続いてNOx吸着剤を備えたディーゼル車と尿素SCR後処理を備えた小型および大型ディーゼルエンジンが導入されました。

同様の投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。